Macromedia Director:

RSX関連のトラブルについて

Intel の RSX と Microsoftの DirectSound の両方がインストールされている場合、 Director 6 は起動時に Windows が管理する Wave 出力デバイスを確保してしまい、 開放しようとしません。これはムービーに音が使われていなくても起こってしまいます。 新しく音を鳴らそうとするときに少しでも待ち時間を少なくするためです。 Windows では 1つのソフトウェアが Wave 出力デバイスを確保してしまうと、その他の アプリケーションから音をならすことが出来ません。これは他のアプリケーションでも Xtras でも 同様です。何の音も聞こえないか、もしくはエラーが出るかも知れません。 ただし、Director 6 では回避策が全く無い訳ではありません。マニュアルに載っていない the soundKeepDevice という Lingo を使います。 次のスクリプトを試してみて下さい。
on startMovie
set the soundKeepDevice = 0
end
これで Dir6 がサウンドデバイスを使用していない時にはデバイスを開放するようになります。